Warning: filemtime(): stat failed for /home/xs097212/chiikiiryo-miyazaki.jp/public_html/wp-content/themes/swell_child/style.css?ver=1.9 in /home/xs097212/chiikiiryo-miyazaki.jp/public_html/wp-content/themes/swell_child/functions.php on line 67
井上奈津子先生インタビュー - 宮崎大学医学部地域医療・総合診療医学講座
地域医療・総合診療医学 Family Medicine and Community Health

井上奈津子先生インタビュー

プロフィール

井上奈津子 – 専攻医1年目
宮崎県延岡市出身
ALL MIYAZAKI 総合診療専門医研修プログラム
宮崎生協病院

総合診療医を目指したきっかけは?

元々、動物が好きで獣医を目指していました。宮崎全体の問題でもありますが、地元である延岡の医師不足を知り、「人間の医者になろう」と思ったのがきっかけです。

学生の頃は、産婦人科に興味があり、総合診療医にはそれほど興味がありませんでした。女性に関わることや学問そのものが面白かったです。実際に研修医として働いてみると、医学だけでは解決できない問題を持つ人々(経済的な問題や家族の問題など)が多くいることがわかり、どのように患者さんの悩みに介入したらいいか悩みました。

社会的に難しい問題をもつ患者さんに、どのように介入すべきか学びたいと思ったときに、総合診療の道を選び、また先輩たちの症例報告を聞いて、患者さんの悩みに論理的にうまく介入してしている姿を見て「私もこんな総合診療医を目指したい」と思いました。

総合診療医のやりがいは?

患者さんやご家族に「ありがとうございました」「自分が体調悪くなったときは井上先生に診ていただきたい」と声をかけてもらえたときは、医療に関われてよかったと思えます。

井上先生が、これからチャレンジしたいことを教えてください。

鹿児島に行き、腎臓内科・整形外科・感染症について学びたいと考えています。腎臓内科では透析をする患者さんに更に寄り添っていきたいです。膝や腰が痛いという高齢患者さんが多いので、整形外科も深く学び、成長して、また宮崎に戻ってきたいですね。

また、後輩ができたことがきっかけで「指導ができる医者」にもなりたいと思っています。私自身、魅力的な指導医がいてくれて「自分もこうなりたい」と憧れこの道を進んだように、後輩たちのロールモデルになりたいです。

宮崎大学医学部地域医療・総合診療医学講座のおすすめポイント

宮崎大学では、患者さんや地域住民の方と関わる機会を設けていて、患者さんの生活環境に飛び込んで学べる機会があります。また大学病院以外の町の病院との関係性がよく、連携しながら学べる素敵な環境です。